仕事終わりの風俗

仕事終わりにお酒でいっぱいではなく、仕事帰りに風俗へ行くことで最高の風俗体験ができます。
気が付いていない人も多いかもしれませんが、疲れているときやストレスが溜まっているときというのは、性欲もパンパンに溜まっている状態です。
仕事というのは楽しく仕事ができている人でさえも疲れやストレスというものが溜まってしまうものでしょう。そしてストレスと共に性欲も蓄積するように溜まっていきます。仕事帰りにお酒を飲むことでストレスや疲れを解消することができるかもしれませんが、性欲はお酒を飲んだとしても解消されるものではありません。性欲が比較的表に出にくい女の人でさえもお酒を飲むとHしたくなるのはそうした動機からなのです。
お酒を飲んで風俗に行って性欲を満たすのも良いかもしれませんが、あまりに酒臭い状態で風俗を利用しようと思っても女の子からNGが出たり、お店側から入店を拒否されたりする恐れがあります。しかし、溜まった性欲は何かしらで発散しなければならず、個室ビデオに立ち寄ったり、レンタルビデオでAVをレンタルしてオナニーをするという寂しい性欲処理方法をする羽目になってしまいます。性欲処理で寂しい想いをしたくないのなら仕事帰りはお酒を飲んでストレス解消して疲れを忘れるのではなく、はじめから風俗に行くことでストレスと疲れを解消して、性欲も発散しましょう。
ここで私がいつも仕事帰りに利用する風俗の王道パターンを紹介します。
まず仕事が終わってホテヘルやソープなどに直行するのも悪くありませんが、生物学的観点から言えば夕方というのは人間のメスの性欲はそれほど強くありません。なので、8時以降に性風俗店へ行くことを推奨します。8時になるまでは、残業して時間を潰すのも一つの手ですがこれから風俗店で性欲を発散するというのに仕事をしようと思っても頭の中は風俗の事しか考えられず、あまり仕事がはかどるとは言い難いです。
性欲を高めつつも精子を出さない時間つぶしとして最適な場所が存在しており、それはセクキャバです。セクキャバは女の子のおっぱいを揉みながらお酒を飲み、お話をするので性欲をより高めることができます。また通常は2次会以降にセクキャバを利用する人が多いため、可愛い女の子と楽しめるので一石二鳥です。性欲を高めた状態になったならすぐに性風俗へと移動を開始しましょう。いい感じで時間が過ぎているはずなので、女の子の性欲が高まる時間帯にマッチして、自分の性欲との相乗効果で満足できること間違いなしです。
仕事帰りは風俗を利用して全ての欲求から解放されてくださいね。

関連記事

NO IMAGE

オナニーをするその前に

NO IMAGE

風俗で本番を楽しむ