池袋SM風俗と街の特徴

SM風俗も数多く存在する池袋は山手線、湘南新宿ライン、埼京線、東京メトロや私鉄各線が通っており、毎日多くの人が行き交うため、オフィスやデパート、飲食店などさまざまなビルが駅周辺に立ち並び、そして、ホテヘルのメッカとして知られています。

そんな池袋は歩けばキャッチ、客引きが目立つ街であり、風俗の街と言ってもいいほど、たくさんの風俗店が立ち並びますが、最近では店舗を持たないホテヘルが流行っています。

その理由として、池袋は駅周辺にホテルやラブホがたくさんあり、割ときれいなホテルが多いことが挙げられ、キャバクラで何十万も使い込むより、ホテヘルでサクっとすませて帰ったほうがお得感が強いです。

また、労働事情からも、池袋のホテヘルが栄える理由はあります。大学の多い池袋は、男子学生の欲を満たすには割安で清潔感のあるホテヘルが人気で、女子大生にとっても、キレイな職場で働けるホテヘルは他の風俗店に比べて人気が高いのでしょう。

池袋近郊には多くのベッドタウンが存在するため、働く人材は女子大生だけでなく池袋を一番近い都心と思っている練馬区民や埼玉県民で主婦をしている人たちにも、ホテヘルは人気なようです。

池袋の街を歩いていると気が付くと思いますが、池袋駅のほど近くにある豊島区役所の裏にはビル1階から最上階まで風俗やキャバクラで埋まったビルが多数あります。長年店が持たない、入れ替わりの激しいキャバクラや風俗店が多い中、池袋には老舗と呼ばれる店が六本木や新宿、渋谷にくらべ多いのが特徴です。ホテヘルも同じように老舗店が多く、ずっと働き続ける女の子もたくさんいて、行き場を失った熟女はホテヘルに流される傾向があります。

風俗店を経営するうえで、店舗に選ぶ場所は広さのある、集客力のある場所を選ばなければなりません。しかし、流動がない池袋であるため、新規で店舗を出せる条件が整った場所は見つけづらいです。そのため、「店舗を構えずに」という考えが、小さな事務所だけで営業できる「ホテヘル」といった新たな風俗に至ったのです。これも池袋にホテヘルやデリヘルが浸透するもう1つの理由でしょう。

池袋にはキャバクラでは満たされない男子、行き場を失った熟女、お小遣いを求める主婦や女子大生、それぞれのニーズを満たすためにホテヘルが存在しているのです。まるで恋人かのように会えるホテル。ホテヘルは池袋風俗の象徴といっても過言ではないでしょう。
池袋のSM風俗を利用するときは、このようなことも頭に入れておくと良いでしょう。

関連記事

新宿SM風俗嬢のトレーニング

五反田SM風俗と男の記憶

鶯谷のSM風俗とさすらいのテクニシャン

新宿SM風俗の活用方法

SM風俗と五反田の有名店

SMプレイとM性感