風俗で本番を楽しむ

風俗と一言で言っても様々な風俗店が日本には存在しています。デリヘルにピンサロ、ソープなど性欲をどんな手を使ってでも女の子に満たしてほしいと願うのならどの店舗形態へアクセスしたとしても、満足することが出来るでしょう。しかし、極上の素股で気持ちよくなりたい、お酒を飲みながらほろ酔い気分で抜いてもらいたいと願うのなら利用すべき風俗形態は決まっています。そして、それは本番行為をして性欲を満たしたいと願う人も同じです。挿入が黙認されている風俗店は現在のところ「ソープ」店のみです。ソープではお店が本番行為を許可しているわけではないのですが、入浴料だけ受付で支払ってしまえば、女の子と密室で何をしても自由であるという暗黙の了解取っているため、サービス料を女の子に支払うことで本番行為が認可されているという仕組みです。しかしこのシステムでわかる通り、ソープ嬢は何人もの男性と性行為をしています。そのため性病にかかってしまうリスクは非常に高いです。ソープ店もコンドームでの性行為を推奨しているのですが、ソープ嬢の中には生でなければ感じることが出来ないと訴えて生での本番を強要する女の子が非常に多いので注意が必要です。
そこで、挿入をしたとしても性病にかかるリスクの少ない風俗利用法があります。それはソープ以外のデリヘルやピンサロでの本番行為を企むということです。もちろんソープ以外の風俗店で本番行為をすることは禁じられているため、女の子に本番交渉をすることさえ禁じられています。ではどうやってデリヘルやピンサロで本番行為を楽しむことが出来るのか、それは女の子をその気にさせて本番行為へ自然な流れで持ち込むということです。パッと聞いただけでは理解しがたく、風俗初心者では中々難しいのではないかと思ってしまうかもしれません。しかし、風俗初心者であってもあることを心に誓っておくことで本番行為が出来る可能性をググッと高めることが出来ます。それは女の子に気持ちよくしてもらうことではなく、女の子を気持ちよくしてあげるという奉仕の心です。女の子は性欲が男ほど強くないことが多く、あまり本番行為をしたいと思うことが多くありません。しかしそんな女の子でも自身が気持ちよくなっていく中で、男性のペニスを求めて本番で性欲を発散したいと思う傾向にあるのです。だからこそ風俗を利用して本番を目論むのなら女の子を気持ちよくする。ということだけを考えて風俗を利用してみてくださいね。