SMプレイとM性感

M性感の激戦区・五反田がある品川区にはSMプレイを楽しめる
ラブホテルも存在するという。
M性感のサービスは完全に受け身になったM気質の男性が
S気質の女の子に攻められ興奮を得るというもの。
ただ、攻められるのは好きだが、SMプレイはムチやロウソクなどを使うため
怖いものというイメージが先行しやりたくないという人も多いだろう。
それでも、重度のM気質の人なら一度はSMのようなプレイを軽く体験してみたいと
思ってもおかしくはない。
そのような人は、M性感などでSMプレイが楽しめる部屋のあるホテルに
女の子を呼んでプレイを楽しむのも良いだろう。
部屋がSMルームとなっており様々な道具が置かれている、
部屋にスケベイスといったSM道具が置かれているパターンがあるようだ。
といってもそのような部屋のあるホテルは少ない。
またキレイなホテルである場合も多く、五反田にあるホテルは5,800円以上かかるようだ。
このように探す労力やかかる値段を考えると、
普段と違うプレイをしたい人向けのオプションということになるだろう。

五反田にあるM性感のホームページを見てみると、言葉責めや完全受け身を売りにしていることが多い。SMクラブを敷居が高いと感じている者や、痛いのは嫌いだけど辱められたいといった者に向けてである。しかし、M性感の醍醐味は誰が何と言おうがドライオーガズムだ。前立腺プレイを楽しんでこそM性感を堪能したと言っても良いだろう。
確かに、言葉責めや完全受け身はM性感以外のお店では味わえないプレイの1つではある。しかし、言葉責めも完全受け身も、前立腺プレイへの前振りに過ぎない。言ってしまえば単なる余興なのである。前立腺プレイを好む者の多くがマゾであるというイメージから、M性感というジャンルには言葉責めや完全受け身がセットになってしまっているが、本来、前立腺プレイとマゾには何の関係性もない。前立腺プレイを好む者がマゾであるというのはただの偏見に過ぎないのだ。言葉責めなどで辱められたい者はM性感ではなく、ソフトSMクラブに行けばよい。五反田はどちらのお店も充実している。