五反田SMクラブと違う業種で働く風俗嬢

五反田にあるSMクラブなど様々な地域に様々な業種の風俗店があると言われている。働いている女の子の中にも当然様々な店・地域・業種を経験したことがある人も少なくない。ただ女の子にとって今までの店・地域・業種を離れ、違うステージで働くことに抵抗はないのだろうか。ここでは今までとは違う業種で働いている女の子について考察してみようと思う。

生活リズムが変わる・サービスやプレイの内容が変わることが嫌で同業種間で店を変える女の子が多いことは以前書いた。それに対し今までとは別の業種で働いている女の子も多い。彼女らがそのような選択に至った経緯はどのようなものなのだろうか。
まず考えられるのは前業種が自分に合っていなかったというパターン。ソープのように本番ありの店で働いていたが、働いてみて多くのお客と本番行為をすることが嫌になった。デリヘルで働いていたがお客から責められることが嫌になった。M性感店ではお客を責めるプレイをするがそれだけでは物足りず自分も責められたいと思うようになった。など実際に働いてみて思っていたのとは違うということもあるだろう。ただ短時間で稼げる、風俗以外の仕事をする自信がないなどの理由で風俗を離れられないため、今までとは違う自分になった業種の風俗店を探し他業種で働いているのではないだろうか。
そして次に考えられるのが給与の違い。同業種間ではあまり給与に差はないが、他業種となると給与も変わってくる。今まではデリヘルなど本番なしの風俗店で働いていたが思ったよりも給与がもらえないため、本番ありのため給与が高いと言われているソープで働きたいという女の子もいるかもしれない。今までは1日の拘束時間が長くそれが苦痛であったため、お客一人に対する対応時間が少ないサービス内容でそのため短い時間で稼げる業種を求めるという人もいるだろう。当然急にお金が必要になった、今まで通りの時間での勤務が難しくなったなど個人の理由で変わる人も多い。
また前業種で対応していたお客が嫌なため業種を変えたということもあるかもしれない。様々な業種がありそれぞれプレイやサービス内容は細分化されている。そのため当然そのターゲットにあったタイプのお客が集まることが多い。そしてそれは細分化されればされるほど濃いお客が集まる。例えばSMクラブでは働いている女の子が引くような変態趣味を持ったお客がいるかもしれないし、女の子が目隠しをしてお客の前に来る様な店では女の子をもののように扱うお客もいるだろう。このようなお客と関わりたくないということも業種間転職の大きな理由となるのではないだろうか。